仙台・山形・郡山・八戸の美容室first(ファースト)

NEWS

VERY BEST QUALITY SPACE first

「寝る前はまとまりヘアでキマってたのに、朝起きたら髪型が崩れてる!」なんてことありませんか? 私はしょっちゅうです…。特に朝忙しいときは、髪のスタイリングにあまり時間をかけていられませんよね。

 

 

実は、ドライヤーがそんな朝のスタイリングトラブルの救世主になってくれるんです。 朝忙しい方必見! ただ髪を濡らしてドライヤーを当てるだけじゃない、トラブル別のドライヤー修正テクをご紹介します♪

 

基本的な、朝のヘアセットの流れ

まずは、髪型を修正するときベースとなる手順をチェック!

 

①髪を濡らす

 

ドライヤーを当てる前に、水スプレーで髪を濡らしてリセット。

 

②ドライヤーで乾かす

髪の根元の立ち上がりを意識して、ドライヤーを当てていきます。

 

③手ぐしと風の調整で仕上げ

 

手ぐしとドライヤーの風セレクトを使いながら、スタイリングの仕上げをします。どのセットのときも最後は冷風を当てて、髪をフィックスさせてくださいね!

 

あなたはどんな髪トラブル? 朝に活躍ドライヤー修正テク!

ご紹介したスタイリングの流れをベースにして、トラブル別のドライヤー修正テクを試していきましょう!

 

CASE1:ふんわり感が無くなってる!

 

寝る前にはふんわりしていた髪型が、朝起きたらペタンコに…。それは髪の根元がヘタっているせいかも。

そんなときは、髪の根元を中心に水スプレーで濡らして、根元を立ち上げるようにいろんな角度からドライヤーを当てていきましょう。ポイントはドライヤーをHOTの弱風にすること。強風を当ててしまうと、風の勢いでふんわり感が崩れてしまうので要注意!

 

CASE2:前髪に割れ目発生!

 

前髪がパックリ割れてしまうと、直すのに時間がかかるんですよね…。でも明日からはこのドライヤーテクで簡単に前髪を修正できます♪

まずは基本通り、パックリ割れた前髪の根元を水スプレーで湿らせます。次に、分かれてしまった前髪をクセとは逆方向に引っ張りながらドライヤーを当てていきます。この時も、強風を当ててしまうと前髪に変なクセが付いてしまうので、HOTの弱風を当ててください。最後は指で根元のクセをかき消しながら、冷風で仕上げて出来上がりです。

 

 

CASE3:毛先にハネとうねりが!

 

特にボブやミディアムヘアの方は、髪に重みが少ない分肩の位置で髪がハネてしまうことがありますよね。ドライヤーを外から当てて髪を抑えつけたくなるところですが、実は逆効果! クセのできた根元を濡らして、立ち上がらせるようにHOTの強風を当てるのが正解なんです。

髪の根元を立ちあがらせることで、ハネたりうねっていた毛先が自然と内側におさまってくれます。

 

CASE4:寝ている間にパーマがとれてきた!

 

寝ている間に頭の重みでパーマがとれてきてしまうことも…。まずはパーマを復活させるために、水スプレーやスタイリング剤で髪を濡らしましょう。

ナチュラルウェーブを作りたいときは、手ぐしで髪に空気を入れるようにしてHOTの弱風を上から下へ当ててみてください。このとき髪を引っ張るのはNG。余計にパーマがとれやすくなってしまいます。

強めのウェーブを出したいなら、指で毛先をクルクル巻いてドライヤーを当てていきます。髪をねじったり握ったりすることで、ウェーブに強弱をつけることができますよ♪

 

CASE5:いつの間にか髪のボリュームがアップ!

 

朝起きて髪が広がったりボリュームアップしていると、なんだかガッカリですよね。なのですばやく直していきましょう!

今回は根元にプラスして、髪全体も水スプレーで濡らしていきます。指を髪の根元に差し込むようにして、HOTの強風で上から下へドライヤーをON! 髪を少し引っ張りながら乾かしていきましょう。髪の内側にも風を当ててブラシを使いながらブローすると、髪にツヤが出てまとまりもよくなります!

 

 

CASE6:髪をさらさらストレートにしたい!

         

ドライヤーを使って髪をストレートにするのはけっこう簡単♪ 手ぐしを使ったブローを試していきましょう!

髪全体に水スプレーか軽めのスタイリング剤を吹き付け、親指以外の4本指を使ってブローしていきます。手ぐしで少し髪を引っ張りながら、トップから毛先に向かって髪の流れに沿うようにHOTの弱風を当ててください。このとき、4本指で髪を挟み込むようにホールドすると、クセのないさらさらストレートヘアを作れます。

 

CASE7:髪がボサついてまとまらない!

 

朝、髪がボサっとしてまとまりが悪いと感じたときは、指を使ってスタイリングしてみてください!

毛先を中心に髪を濡らし、毛先が内巻きになるよう人差し指にクルッとひと巻きします。このとき、髪がほどけないように中指を使ってホールド。そこにHOTの弱風を当てていきましょう。毛先にまとまりがあるだけでも、髪全体がまとまった印象になるので、時間がない朝におすすめの対処法です♡

 

まとめ

トラブル別のドライヤーテクが分かれば、朝の時間がないときにも簡単に修正スタイリングができます! 忙しくなりそうな一日は、理想のヘアスタイルで気分を上げて乗り切りましょう♪

 

▼仙台・山形・郡山・八戸の美容室first(ファースト)おすすめのドライヤーをご紹介

使えば虜に!クレイツ×ホリスティックキュアのドライヤー&アイロンの秘密とは?!

 

参考文献:「美髪ケアの基本」

‖ ご予約はコチラ ‖

ファースト各店へお電話又はネットご予約をご利用下さい。

top